ビジョンに訴える!

前回に行動とビジョン!について、

お話ししました。

映像化について、違う切り口で

考えていこうと思います。

今回は、想像・願望の頭で描く映像ではなく、

目から入ってくる映像についてです。

ビジョンに訴える!

何度かこのブログでも、触れましたが、私どもは

飲食関係の事業もしています。

そこでは「チラシ広告」が重要でした。

自社で何年も業者に頼むことなくチラシ作成してきました。

チラシを作るにあたり、いろいろなことを発見し、

また、仮説を立て実験を繰り返し行った結果、

その甲斐あって、予想を遥かに上回る

売り上げを作ることができました。

チラシは各商品の配置位置やキャッチフレーズも重要ですが、

「映像」がかなり重要です。

チラシの映像、画像といえば写真です。

実は、ほとんどの人は文字など読んでいません。

興味が沸いて、深く知ろうとして初めて文字を読みます。

目から飛び込んでくる映像ですぐさま

興味ある、ないを判断しています。

つまり、前回、お話しした。

「右脳」で直観的に判断しているのです。

ここでネットショップにも当てはめます。

チラシ広告でもネットショップの商品ページでも、

ファーストイメージが肝心で難問です。

いかに、離脱させないか?いかに右脳に訴えるか?

写真、トップページの視覚映像がカギを握ります。

「おっ」「これは」「あれ?」「ん?」とか

一瞬でも手を止めてもらえる

関心を持ってくれる魅力ある映像が必要です。

 

人を動かすには?

「ビジョンに訴える ビジョンでストリーを見せる。

右脳にうったえる 植えつける。そして左脳で考えさせる。」

 

まず、最初は「ビジョンに訴える」

次に「ビジョンでストリーを見せる。」

そして、「左脳で考えさせる。」

その先が「行動(今回の場合は購入)」

となり、4ステップです。

まず「ビジョンに訴える」からです。

言葉は悪いですが視覚映像で

「引っかかって」くれなければ始まりません

そこが最初の関門です。

次回につづく

ボートに乗った男性が二度見したときに目玉が飛び出すgif画像 created by moritake
このブログを応援してください。
↓プチっと押してください。

輸入・輸出ビジネスランキング

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です