マンパワー

こんにちは、「おりょう」です。

前回まで、「雇用について」をお話ししましたが、

そろそろ、マンパワーで成果がでてきました。

全体的に売り上げが上がってきています。

BUYMA

中でも、得意のBUYMAがあがってきました。

Amazon も新規出品に力を入れていますが、

直ぐに結果が得られず、時間がかかりそうです。

amazonでは、テスト販売して、それから

検討、仕入れとなりますが、

BUYMAの場合は、無在庫OKなので、

全てがテスト販売みたいなものです。

商品が売れてからは、

アマゾンに比べ、BUYMAは手間がかかります。

しかし、やり方次第で、しっかり利益がとれます。

仕組み(システム)を構築してしまえば、

半自動化ができてしまいます。

それは、どの販路でも同じことなので、

手間はさほどデメリットにはなりません。

ヤフオク!メルカリ

ヤフオク!やメルカリは更に手間です。

オークション、フリマなので1つの商品は1個ページです。

オークションやフリマは原則的に現物出品です。

一つの商品を大量に売るには適していません。

サイズ違い、色違いでも、

その都度ページを構築しなければなりません。

売れる度に再出品が必要です。

仕組み(システム)を構築し自動化できますが、

仕事量が大きくなると経費がかかります。

手間と経費、利益を考えると魅力的ではありません。

利益と言っても利益率ではありません。

あくまでも、金額の大きさです。

一つの商品を100個、1000個売る事を考えてみてください。

1つの商品ページで1000個売るのと、1000ページで1000個売るとでは

手間はかなり違うでしょう?

私の周りでも他販路で利益をそこそこ得れるようになると

ヤフオク!やメルカリから撤退しています。

楽に安価に売り上げが上がる方に金銭を投入する方が効率がいいです。

粗利が同じでも経費を抑える事で利益が増えます。

みなさんも手間と経費を考慮していろいろな販路を構築してください。

きょうは、このへんで ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です