ローリスク!中国輸入 副業に最適な理由!その2

こんにちは、おりょうです。

前回は、始めるにあたり事業展開に必要なものについてでした。

ほとんど、飲食ネタになっていまいましたが、

私が経営している飲食業と輸入業とを比べてみましょう。

今回は資金についてです。

飲食店に必要な資金は家賃と改装費と設備費です。

家賃はもちろん、居抜きなどでは資金はあまりかかりませんが0円とはいきません。

かなり経費は抑えられますが何らかの改装費は必要です。

新規店ですと、設備費込みで1000万円ほどでしょうか?

小さな店舗でも300万円~500万円はかかります。

こずかい銭ではどうにもならない金額です。

輸入業はどうでしょうか?

資金的には、パソコンとプロバイダー代金とamazonなどの登録経費と使用料位でしょう。

ネット環境が整っているのであれば、こずかい程度で十分ではなでしょうか?

まとめ

飲食業の店舗開店はかなりの資金がいる。

輸入業はパソコン環境と登録経費ぐらいで始められる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です